2015年11月28日JJUG CCC 参加きろく~登壇編~

お久しぶりです。どうもこんにちは。
あっという間に11月終わっちゃいましたね・・・。

11月の終わりにふさわしく(?) どどーんとでっかいイベント、JJUG CCC に参加してきました。参加してきたというかほぼ運営してきました。
今回は たろうさん と一緒にCfPに応募して、なんと登壇枠をいただけたので!登壇もさせていただきました。今回はこの登壇のお話し。

コミュニティディスカッション~みんなもやろうコミュニティ運営~

10月末。
CfP選考会でありがたく登壇枠をいただく。CfPの内容を「パネルディスカッション形式」でできるだけいろんな言語やら背景を持ったパネラー(コミュニティーリーダー)を集めたい、というところに2人でこだわっておりました。ありがたいことにこの1年でたくさんのコミュニティ、たくさんのリーダーの方にお会いできたりお友達になれたりしていたので、誰にお願いしようかとたろうさんと2人で結構Slack会議しました。で、吟味を重ねてお集まりいただけたパネラーの皆さま。なんだかとっても豪華なパネルディスカッションになりました・・・!

  1. 関東以外で活動している代表:うらがみさん
  2. 物書き活動代表:ひつじさん
  3. 別言語(Python)代表:まみさん

ハングアウトではじめまして~ってやって、パネルディスカッションの内容を考えて。パネラーの皆さまと事前に会うというのは難しいので、ハングアウト上で「こんなかんじで~」とふんわりお伝えだけして。(この辺は地味なのでささっとすっとばし。)
あとは当日受付付近でみんなで打ち合わせしました。もしかしたら打ち合わせのが濃い話だったかもしれませんwというくらい良い話たくさんありました。

で、あれよあれよという間に19時。登壇タイムです。アイスブレイク代わりに「このセッションはセッション中に20時からの懇親会の準備が始まります!だんだんおいしいにおいのするセッションです!(事実)!」としゃべってみたのは空気壊すのに割とよかったんじゃないかな、と思いました。軽い雰囲気でカジュアルにやるの、大事ですね。

今回セッションを見に来てくださった方は30~40名くらい。そのうち約半分くらいの人が何かしらコミュニティの運営に携わっている方でした!これだけコミュニティリーダーが集ってわいわいするセッションって珍しすぎる!運営始めた動機もさまざま、背景ももちろんさまざま。けど、運営していてよかったと思うことは結構みんなで共感しあったりして。最後のお悩み相談会(というかほぼまーやのお悩み相談会になってしまったんですが・・・・大反省・・・)では、

「懇親会の料理調整みんなどうしてる??」

と質問してみると

「ピザスキームがお勧め!」
「寿司スキームお勧め!」
「懇親会のピザすきじゃない!」

など・・・こんな感じでそれぞれが持ってる知見とか、感想とか、わいわい言えるセッションになっておりました。
あと、福岡の運営事情とか、中部地方の運営事情とか、scala祭りの事情とかも聴けてまた知らない世界を垣間見れたのが大変勉強になりました。

最後に、しょこさんから質問が。

「スポンサーからお金もらっているコミュニティの方、お金の管理どうやってますか?」

これについてはやはり大きなコミュニティじゃないと知見がないものなのでとても良い質問だと思いました。そーだいさんJJUG会長さんが答えてくださりましたよ!JJUGのお金の話、実は私もよく知らなかったから、大変ためになりました。ちなみに翌日こんなTwitterでの補足もいただいてますよ~

なるほどね・・・!

【まとめ】
セッションにパネラーとして参加してくださった方々、およびセッションを見に来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。モデレータがしゃべりまくるという最大の失敗をしてしまったけれども、、、教訓として次回に生かしたいと思います。CCCで登壇できて本当にうれしかったです。いつかもっと技術力を上げて、技術セッションでも挑んでみたいなぁという野望を胸に抱き、精進を続けたいと思います。

最後に。
打ち合わせのときにうらがみさんがすごく良いお話しをしてくださったんで、その話絶対セッションに入れようと思っていたのにうっかり忘れてしまったのでここに記して終わりたいと思います。

コミュニティのリーダーをやるということは、マネージメント力を問われるので、苦手意識の強いエンジニアの人も多い。当然素質も問われる。でもそこを頑張ってやってみることで、その力を身に着けたり勉強したりすることができるので、仕事にもプラスなことも多い。

けれども。

すべての人が向いているわけではないし、本当につらくなってしまう人もいるでしょう。そういう人は無理にコミュニティの運営に携わる必要はないんです。自分が無理にならない程度の場所でコミュニティに参加している、ということで十分素敵なこと。無理をするくらいなら運営なんかやらなくていいんです。

でも、もしちょっぴりでも興味を持っていただけたなら、ぜひお近くのコミュニティの運営に参加してみたり、自分で新しいコミュニティ立ち上げたり、してみてね。

 

Slack for iOS Upload

 

というわけで登壇編はおしまい。せっかくJJUG CCCの運営もやってきたので、運営の日記書きたいなと思います!近々やります!ではアデュー!

広告

1件のコメント 追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中