2015年5月23日 Git for Beginners開催しました

5月23日土曜日に、Git for Beginnersというイベントを開催しました。今回はJava女子部とPyLadies Tokyoの共催という私個人的には大変嬉しいイベントを実現した形になります。

今回先に「Gitの入門やろうぜ!」という話になったのはPyLadies Tokyo。ちょうどその頃Java女子部でも次なにやろうかね〜?なんて話していたところで、言語問わないイベントの提案が上がっていたので、「交流しよう!」という単純な私の思いつきから「Java女子部共催させてもらえない?」と話を持ちかけたのがことの初めでございました。

(今更ですが、私はPyLadies TokyoのスタッフとJava女子部の副部長、両方運営側をやらせていただいておりまする)。

PyLadies Tokyoはconnpassを中心に活動を、Java女子部はDoorKeeperを中心に活動をしているコミュニティなので今回は会場定員を半分に分けて両活動サイトから募集をかけました。(定員は50名だったので25名ずつ募集、というかたちです。当日までにキャンセル待ちの人数などを鑑みて人数の調整をちょっとずつ行っていたので、最終的にはちょっと募集人数にずれがでています)。

やっぱりGitって需要あるのかなぁ。あれよあれよという間に両サイトとも満員御礼。PyLadies Tokyoは定員埋まり切ったのは初めての体験です。前日キャンセルや当日キャンセルはやはり一定数いらっしゃるので、実際は35名くらいの人が会場にあつまりました。50名MAXだと本当に密集状態になってしまうところだったので、かなりちょうどいい人数だったと思います。

今回は共催イベントだったので、案内板や名札も工夫しましたよ!(嘘です。前日の私のやっつけ仕事です。すみません。。。)
kanban
name

【イベント内容】
イベントの内容はすでに以下まとめが上がっておりますので、私の方からはさらっと紹介にとどめます。

1本目発表の@ihcomegaちゃんの資料

2本目発表の@Yuryuさんの資料(ハンズオン超楽しい)

3本目発表の@sinamon129ちゃんの資料 (リアルタイムプルリク&LGTMした)

4本目発表の@_zooさんの資料
https://github.com/MisaKondo/pyladies_meetup

さらに今回はですね、なんと@ericakhsuさんからこんな依頼がありまして、勉強会の様子を撮影していただきました。

ではいただいた素敵写真を一部公開★

ハンズオンの説明〜
fb-9524

Javaな女性とPythonな女性のコラボ。プルリク中
fb-9527

わからなかったら教えあう雰囲気
fb-9542

きゃっきゃうふふな発表感
fb-9558

@ericakhsuさんのブログにもこのあと上がるようですので、その時はまたシェアします〜。

【共催運営をしてみて】
今回の共催イベントを運営してみて、一番大変だったのは「文化の違いをいかにマージするか(あ、なんかGitっぽい!)」という点でした。コミュニティが違えば些細なことでも温度感も違えば反応も違う。どっちかのコミュニティでは「当たり前」のことももう片方では「イレギュラー」となったりする。これは対クライアントに対しての折衝とも同じことですが、やっぱりどこにいっても大変だし、難しい。それぞれのチャンネルで意見を吸い上げて、それぞれのチャンネルで相手の意見を流す。本当なら直接のやりとりがベストなんでしょうが、活動時間の関係上もそれも難しかったり。でもまぁ、コミュニティの場合は、最終的にみんな目指す方向が一緒なわけですから、「荒れる」ことはまずありませんw あくまで協議と調整、ですね。そういう調整役を今回経験できたことは、私自身大変有意義で勉強になるイベントでした。

当日Javaチャンネルで飛び込みの運営調整したり・・・(ちょうど関西Java女子部が勉強会していたので、会場Skypeでつなぎました。こっちの女性が多すぎてびっくりされたw)
スクリーンショット 2015-05-26 13.27.26

PyLadiesTokyoチャンネルで進行調整したり・・・
スクリーンショット 2015-05-26 13.30.23

懇親会の人数決とってお店に電話しまくったりしていたら・・・
こうなった。。。。

ということで・・・同じ列に他にだれもいない&運営してた結果全然話きいてないためぼっち化した。。。

(・・・ところをsinamosoに拾ってもらって無事解決)
スクリーンショット 2015-05-26 13.40.01

はい。ということで今日もまーやは元気です。ぼっちに負けません(←

他コミュニティ交流イベントは大変ですが、楽しいのでまたやりたいですね。ではでは。長文にお付き合いいただきありがとうございました。

広告