2015年3月25日 JJUGナイトセミナーでSpringBootしてきた。

ちょっと時間が空いてしまいましたが
JJUGナイトセミナーでSpringBootやってきましたよ。

SpringBootは社内の勉強会で触ってからなんとかやってみようとチャレンジしていたはものの、あんまり上手くいかず・・・そしてなかなか進まず・・・という日々を過ごしていたんですが、

「JJUGのナイトセミナーでハンズオンやるんだぜ!」

と決まってから俄然やる気になって事前準備がんばったりしました。

講師は「はじめてのSpring Boot」の著者である @making さん。

事前準備&当日の資料がWeb上で展開されています。

この資料がすっごいわかりやすい。
本当にすごいわかりやすい(大事なことは2回ry

今回のお題は「Spring Boot + OpenCVで画像編集アプリを作成すること」。
OpenCVも最近の社内勉強会で(Pythonだったけど)取り扱った話題だったので個人的にとてもキャッチーでした。

  • 画像を読み込んで
  • 顔認識させて
  • 顔の上に座標をとる(お絵かきする)

という処理をOpenCVで作業して、

  • 読み込ませる画像をpostで受け取って
  • OpenCVを発動させて

の部分をSpring Boot が担当します。
ちゃんとお勉強プログラムの最後まで行くと、webカメラと連動させて、自動で写真とってコラ作って並べる~みたいなところまで進められるんですが、当日は軽食準備したり、飲み物配ったりと、なんやかんや運営のお仕事をしていたり、

「なんかmaven importエラー起こしている・・・!」

みたいな本日の勉強とは全く関係ないところで嵌ったりしていたら、あっという間においていかれてしまいましたw 結局全9章(早い人は11章?)のうち3章までで離脱した、というスピード感でございました。
でも、いいの。楽しかったから。

やっぱ描画される、というのはたのしいですね。
サンプルだとデューク君風な顔を作るようになっていたんですが、個人的にちょっぴり改良して、ミッキーにしてみました。

教師データが少なくて、肉まんを顔認識したりしているのはご愛嬌。

まだまだSpring Bootを「ちゃんと使える!」といえるレベルではないですが、素敵なきっかけになったイベントでした。

広告